■半夏生 (7/2)
天地に毒気があふれる日とされ、山のものを食べること、山林・竹林に入ることを忌むとされた。またこの頃に降る雨を半夏雨といって、洪水を引き起こす大雨となると恐れられた。

■土用丑の日(7/25)
夏土用の期間中の丑の日に、鰻をはじめ精の付くものを食べて暑さを乗り切ると言う風習がある。今年は二の丑があり、8/6。

『こよみのページ』より

梅雨の水を飲んでうまくなる魚の話<ハモ>
ハモの気性の荒さはよく知られています。漁は底引き網や延縄漁が中心ですが、引き上げられたハモの顔の前に手をもっていくことは禁物です。いきなり噛みつかれるからです。危ないので、釣り糸からハモをずすことはせずに、糸を途中から切ります。このため、市場に入荷したハモの口には糸の切れ端が下がっています。

続きはこちら≫

2017年7月

『今月の主役紹介』はこちら≫

<月別旬魚MAP> 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月