■大雪(12/7)
里にも雪が降る頃。北国では、この頃に降った雪は根雪となり、一冬の間、大地を覆うようになる。

■冬至(12/22)
一年で一番日の短い日であり、日がのび始める最初の日であることから、一陽来復の日として尊ばれる。この日は、粥や南瓜を食べ柚湯を立てる風習がある。

『こよみのページ』より

北の海の赤い宝石の話<キンキ>
キチジとは標準名で、一般的にはキンキとして流通しています。関東では人気が高いのですが、値段も高いので、惣菜魚としてはなかなか手の届かない魚になってしまいました。その真っ赤でふっくらとした美しい姿と極上の美味さ、漁獲量減少による希少価値、それらが相まって、キチジは「北の海の赤い宝石」と呼ばれます。

続きはこちら≫

2019年12月

『今月の主役紹介』はこちら≫

<月別旬魚MAP> 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月