■半夏生 (7/1)
天地に毒気があふれる日とされ、山のものを食べること、山林・竹林に入ることを忌むとされた。またこの頃に降る雨を半夏雨といって、洪水を引き起こす大雨となると恐れられた。

■土用丑の日(7/21)
夏土用の期間中の丑の日に、鰻をはじめ精の付くものを食べて暑さを乗り切ると言う風習がある。

『こよみのページ』より

夏の生マグロの話<キハダ>
初夏から秋にかけて店頭で見かける生マグロには、色が薄いピンクで透明感のある身質が涼しげなキハダが多くなります。脂はありませんが、上質な甘味と旨味を楽しめます。関東では赤色の濃いメバチやクロマグロが好まれ、キハダの評価は高くありませんが、大阪を中心とする関西では昔から人気の高いマグロです(^^)。

続きはこちら≫

2020年7月

『今月の主役紹介』はこちら≫

<月別旬魚MAP> 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月