編集者ホームページへ

◆◇◆空飛ぶ魚の話◆◇◆
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
▼トビウオってこんな魚
 皆さんも店頭でトビウオを見かけたことはあると思いますが、食べたことは
 ないという人も多いのかもしれませんね。でも、特にこれからの時季は増え
 てきますから、次回はじっくり見て、是非食べてみてください。
 
▽トビウオは世界に50数種、日本近海には20数種がみられます。南の海で育ち、
 春から夏に産卵のために日本近海にやって来て、秋には再び南下する回遊魚
 です。漁場としては伊豆諸島近海や山陰沖が有名です。

▽伊豆諸島近海で春に獲れる「春トビ」は、正式名をハマトビウオといい、別
 名オオトビとも呼ばれる、日本近海では最大級のトビウオで、全長50cm、
 体重1kgにも達します。この大きさになると小売店では1尾売りはしないで、
 刺身等に加工されていますから、目にすることは多分少ないと思います。

▽トビウオという名はトビウオ科の総称として使われていますが、日本近海で
 代表的なアキツトビウオをホントビと呼んで区別しています。ホントビの全
 長は30〜35cmほどで、黒潮にのって群れをなして北上し、4〜7月に頃産
 卵のため沿岸に近づきます。他にも代表的なトビウオとして、やや小型のホ
 ソトビがいますが、これは別名マルトビとか入梅トビと呼ばれます。

▽トビウオ自身は動物プランクトンを食べます。そしてトビウオを大好物にし
 ているのは、マグロ類やマカジキ類、シイラ等の大型魚と、そう、人間です。
 トビウオの姿を見たい方は、2.お魚よもやま情報資料館へどうぞ。

▼トビウオはこうして飛びます!
 トビウオは海の表層をかなりのスピードで泳ぎますが、飛ぶ時には体を水面
 に突き出し、パッと大きな胸ビレを広げ、下葉の長い尾ビレで激しく海面を
 たたきながら、この推進力で風上に向かって海面滑走した上で、空中滑走に
 移ります。この時、尾ビレの打数は何と毎秒50回、滑空の初速は時速70km
 に及びます。

▽トビウオの種類や大きさによって異なりますが、海面滑走は時速35km、空
 中では時速55kmに達します。また、高さは4〜5mで、距離はひと飛び100
 〜500mをグライダーのように滑空します!そして、飛んでいるうちに減速し
 て落下しますが、海面に尾ビレが触れると再び尾ビレで海面をたたき、飛び
 立つことができます。

▽トビウオの体は、胸ビレと腹ビレが水平翼、尾ビレが垂直尾翼の役割を果た
 し、水平、垂直の飛行方向のコントロールができます。単独飛行あり、編隊
 飛行あり、おまけに夜間飛行もあります!
 
▽自由に空を飛べるようで、何だかトビウオが羨ましくなりますが、決して遊
 びで飛んでいるわけではないようです。やはり敵に追われて必死に空に逃げ
 ているのです。

▼所変われば
 トビウオが空を飛ぶことに由来する地方名はたくさんあります。広島ではト
 リウオ、富山ではトンビ、東京ではトビ、水戸、山陰ではツバメウオ、大分
 ではツバクロ、山口ではツバクロウオ等です。また、九州や山陰など、アゴ
 と呼ぶ地方も多いようです。

▽山陰では
 トビウオのたたき、すり身の吸い物、竹輪が名物三品で、これを食さずこの
 地を離れるなかれと言われる程だそうです。とくに島根、鳥取の人が懐かし
 がる味がトビウオで、独特の青みがかった魚臭さ、たたきにしたときにかす
 かに残る骨の食感がたまらないといいます。懐かしい味といわれるのは、ご
 当地でないとこの新鮮な青臭い臭いがないからなのでしょうか。

▽伊豆諸島では
 名産品として「トビウオのくさや」が有名です。ウ〜ン、あの臭い、あの味、
 左党にはたまらないでしょうね。でもそれを食べない周りの人もきっとたま
 らないと思いますよ!?

▽蛇足:くさや
 クサヤとは、ムロアジやマアジ、トビウオなどの魚を開き、クサヤ液(タレ)
 に半日ほど漬け込んでから天日干しにして作ります。このクサヤ液というの
 が旨みと臭いの元です。これは干物を浸す時に使う塩水をとりかえずに、何
 百回も使用してきた発酵液です。本場の伊豆七島の新島には、200年も300年
 も続いたクサヤ液があるそうです!これが旨くないわけはない!

▼トビウオ料理
 トビウオは、タンパク質が20%に対して脂質が少ないので味は淡白です。
 塩焼きやたたきが最も一般的ですが、みりんや木の芽をつけ汁に加えて焼く
 とか、やや濃い目の味付けにも合います。また、から揚げなど揚げ物、つみ
 れ汁等も美味いですよ。三枚おろしにしたとき、中骨が硬いですから取って
 しまった方が食べやすいです。

▼トビウオの目利き
 全体にみずみずしい光沢があって、背中の青色が輝いていること。ウロコが
 落ちていなくて、眼が濁っていないこと。エラは鮮やかな赤色。身肉は透明
 感のある白色のように見えますが、やや青みがかった感じがするほうが味が
 良いです。美味しいものを選ぶためにはよ〜く見て下さいね。
■メールマガジン<お魚よもやま情報>2001年4月号