編集者ホームページへ

◆◇◆柳の葉伝説の話◆◇◆
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ししゃもと言えば、タップリと卵を持った丸干しをサッと焼いて、頭からバ
 リバリ丸かじり、値段も手頃だし特に酒の肴に最高!というお馴染みの魚で
 すね。ところが、ししゃもと思って食べていた魚が実は別の魚だったという
 場合がほとんどです。本物のししゃもの場合は、小売店でもわざわざ「本し
 しゃも」と表示していることが多いです。

▼柳の葉伝説
 北海道のアイヌ民族の伝説はたくさん残されていますが、その中のいくつか
 に「ししゃも」にまつわるものがあります。

 昔、飢饉の続いた貧しい村の娘が、病気の父親のために食べ物を探している
 と、川に落ちた柳の葉が魚になって泳ぎ始めました。喜んだ娘はそれをとっ
 て帰り、父親に食べさせました。孝行娘のためにカムイ(神様)が柳の葉を
 魚に変えたのでした。

 柳の葉をアイヌ語で「シュシュハム」といいます。これが転じて「ししゃも」
 と呼ばれるようになりました。ししゃもはカムイが授けてくれた魚なのです。
 ちなみに英名も<shishamo sumelt>といいます。

▼ししゃもは北海道の限られた場所にしかいません!
 ししゃもは北海道南東部の太平洋沿岸にだけ分布する日本固有種です。普段
 は沿岸海域で生活していますが、1歳半となる10月中旬から11月下旬の
 産卵期には、サケのように群れをなして故郷の河川をさかのぼります。この
 時季に河口部で「ししゃも漁」がおこなわれるわけです。

 例年日高地方では10月の第1週、十勝、釧路地方では第3週くらいに漁が
 解禁になります。今頃が漁期の終盤というところでしょう。年々漁獲量は減
 り続けているのですが今年は今のところ好漁だそうです!

▼では、いつも食べている「ししゃも」は!?
 というわけで、ししゃもの漁獲量は消費量のわずか5%位に過ぎません。残
 りの95%はアイスランドやノルウェー等から輸入される<キャペリン>や
 <キュウリウオ>などの「代用品」が大半だったのです!

▽キャペリン(カペリン)
 漢字名では「樺太柳葉魚(カラフトシシャモ)」です。姿形はししゃもによ
 く似ていますが、ウロコが非常に細かくほとんど無いように見えます。しし
 ゃものウロコは大きくはっきりしているので、見分けることは容易です。

 キャペリンは北極海から寒帯海域にかけて広く分布し、オホーツク海でも見
 られます。また、淡水域には入りませんし、産卵期は地域によって異なりま
 す。日本のオホーツク海沿岸では晩春から夏に産卵します。このように生態
 もししゃもとは全く違うです。

▼でもやっぱり<キャペリン>は<ししゃも>です!
 大半の人が<ししゃも>と信じて<キャペリン>を美味しく食べているので
 すから、これからも<ししゃも>でいいと思います。本家ししゃもはやはり
 <本ししゃも>と呼びましょうよ。

▼シシャモの目利き
 子持ちししゃもの丸干しは尾数に惑わされてはいけません。大きくて腹がふ
 っくらしていて、色、つやの良いもの。本ししゃもなら全体に飴色をしてふ
 っくらしたもの、オスは背中が黒くないものがおすすめです。

▼シシャモパワー全開!
 頭から尻尾まで残さず食べるししゃもはカルシウムたっぷりです!成人が1
 日に必要なカルシウムをししゃもだけなら7〜8尾で摂取できます。その他
 にもビタミンA、B2、D、Eが含まれています。最近では「骨粗しょう症」
 や「老化防止」などに手軽な食品としても注目されています。

▼調理のコツ
 ししゃもを焼いて食べるだけではもったいない!本ししゃもなら尚更です!
 ししゃものオスは滅多に販売されていませんが、本ししゃもならまれにある
 はずです。身肉ならメスよりオスのほうが美味しいですよ。フライや天ぷら、
 唐揚げ、酢漬け、南蛮漬け、昆布巻きにしてもグッドです。本場北海道では
 獲れたてを凍らせて、ルイベとして刺身で食べるそうです!

▽シシャモを焼くときのコツは、冷凍してあるものはそのまま冷凍状態から焼
 き、生干しは頭に少しだけ水をつけてから焼くと頭を焦がしたり崩したりせ
 ずに、上手に焼くことが出来ます。解凍してから焼くと腹の部分が割れてし
 まいます。
▽フライパンで焼く場合は、油を熱してからシシャモを並べ、蓋をしないで焼
 きます。この時、中火ぐらいの火加減にしてください。弱火だとシシャモの
 水分が抜けてパサパサになってしまいます。
■メールマガジン<お魚よもやま情報>2001年11月号