◆◇◆神様がつかわした魚の話◆◇◆
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 先週、全国紙の夕刊の1面に、大きな写真付きでこんな記事が載っていました
 。[青森県鰺ヶ沢町の七里長浜港周辺に、産卵のためハタハタの群れが押し寄
 せている。港内を真っ黒に変えるほどで、ほぼ30年ぶりの大群という。時間
 帯と潮によっては取り放題の状況で、”師走の贈り物”を手にしようと、地元
 住民ら数百人が連日、タモ網やロープを結んだカニかごを持って港に殺到して
 いる。同県水産試験場によると、今年はハタハタの産卵開始が例年より10日
 ほど早かったが、なぜ同港にこれ程の大群が押し寄せたかはわからないという
 。]???(^^)//""""""パチパチ

▼ハタハタってこんな魚です
 今はシーズン真っ盛りなので、店頭で生のハタハタを目にすることも多いで
 しょう。鍋材料にもいいですし、丸干しなら一年中ありますね。でも子持ち
 で大型のものは、いまやかなり高価です。上の記事の通り、ハタハタも激減
 して久しいですから。

 ハタハタはスズキ目ハタハタ科に分類されます。日本近海では、北海道沿岸、
 東北地方の太平洋岸から山陰以北の日本海岸に住んでいます。体形は横から
 押しつぶしたように平たく、腹が膨らんでいて非常に大きな胸びれと長い尻
 びれを持っています。また、口はほとんど真上を向いています。ウロコはな
 く、肌はなめらかな黄褐色で背中に黒い斑点があります。

 普段は水深150〜400mのやや深い砂泥底近くで暮らしています。昼間
 は砂泥に潜り睡眠、朝と夕には小型の甲殻類や小魚、海藻などを食べるのが
 日課です。2年で大人になり、大きいものは30cmほどになります。産卵
 期は11〜12月、そう、丁度今頃、上の記事のように一斉に群れで海岸に
 押し寄せて産卵するのです。

▽雷、風雪、荒れた海が合図です
 魚はたいてそうですが、ハタハタの行動の決め手は水温です。それも12〜
 13度位が限界です。それを超える水温域へは行けません。ハタハタは10
 月頃からそれぞれの群れが、それぞれの産卵場近くの深みに集まります。そ
 こで岸近くの産卵場の水温が下がる時をじっと待っています。

 冬の日本海、暗く荒れた海が代名詞ですね。冬の雷は日本海特有のものだそ
 うです。冬型の気圧配置になると、時として、雷鳴が轟き、気温が下がり、
 風雪をともなって大しけとなります。これによって海はかき回されれ、水温
 が一気に下がります。こうして条件が整うと、ハタハタ達は一挙に沿岸の藻
 場に押し寄せるのです。

▽名前の由来
 「青天の霹靂(へきれき)」とは急激な雷鳴のことです。また、霹靂神とは
 「はたたかみ」と読み、雷鳴の古語だそうです。この「はたたかみ」から「
 はたはた」の名が付き、魚偏に神という字が当てられたという説が有力です。
 また、漢字では他に魚偏に雷や燭魚という字が当てられます。

 昔、貧しかった漁村の人々にとって、とりわけ冬の厳しい日本海にあって、
 雷鳴と共に突然現れる獲りきれないほどのハタハタの大群は、まさに<神
 様がつかわした魚>そのものだったことでしょう。・・・この情景は<幻
 の魚・ニシン>の群来(くき)を思い出させますね。

▽ハタハタの卵
 ハタハタは海藻に卵を産み付けます。これはゴルフボール大の1000粒ほ
 どの卵塊になり、秋田ではブリコと呼ばれます。歯ごたえが良く、数の子と
 同じように親しまれています。ちなみに、卵を持った雌をブリコハタハタと
 呼ぶそうです。

▼秋田名物
 ハタハタと言えば秋田!ですね。民謡「秋田音頭」は「秋田名物八森ハタハ
 タ 男鹿で男鹿ブリコ・・・」で始まります。八森町は秋田県最北の町、昔
 からハタハタの有数な産卵場として知られます。秋田名物として特に名高い
 のは、ハタハタずしとしょっつる鍋でしょう。

 ハタハタずしは塩蔵したハタハタを水で戻し、酢に漬けて米と麹を混ぜ合わ
 せ、カブやニンジンなどを散らしながら重ね漬けにしたものです。しょっつ
 るとは塩魚汁(しおじる)がなまったもので、ハタハタを発酵させて作った
 調味料の一つです。これは魚醤(ぎょしょう)と呼ばれ、醤油が普及する以
 前からあった、調味料のルーツとも呼べるものです。この魚醤は各地に特有
 のものがありますが、他に有名なところでは八丈島周辺の「くさや液」など
 が代表格ですね。
 このしょっつるを使ってハタハタ、野菜、豆腐などを煮込んだものが「しょ
 っつる鍋」です。体の芯から暖まる秋田の冬の代表料理です。 

▽激減・禁漁・復活へ
 秋田県では昭和40年代には2万トン以上あった漁獲量が、50年代には1
 万トンを割り込み、59年には何と74トンにまで激減しました。絶滅を恐
 れた秋田県では、平成4年から3年間の自主的な全面禁漁を実施しました。
 これが奏効して10年には600トン弱にまで回復してきました。復活への
 道は遠いですが、その後は漁獲量の上限を決めて大切に操業しているそうで
 す。現在市場に出回っているものは韓国産が多くなっています。

▼目利き
 背の模様が鮮明でつやがあり、目とエラブタに血が滲んでいないこと。卵を
 楽しむなら、腹がぷっくり膨らんでいて、卵が腹からはみ出していないこと
 がポイントです。

▽「冬至はたはた」という言葉があるそうです。生のハタハタを食べるなら冬
 至までということで、それを過ぎると体色が悪くなり、骨も硬くなって美味
 くなくなるという意味です。でも、今では各産地から鮮度の良いものが手に
 入りますので、この限りではないかも知れませんね。

●ハタハタ料理
 ウロコがないので調理は手間いらず、たいていは尾頭付きで洗うだけで使い
 ます。肉は骨離れの良い淡泊な白身。産卵前には脂がのって特に美味いです
 よ。料理用途は・塩焼き・煮付け・唐揚げ・天ぷら・ムニエル・鍋物等に。
 ブリコは椀種や鍋物にもいいですよ。


■メールマガジン<お魚よもやま情報>2002年12月号