編集者ホームページへ

◆◇◆海の中でも桜が満開の話◆◇◆
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 桜えびは通年、釜揚げの冷凍品や素干しなどが出回っています。お好み焼きや
 かき揚げの材料としてお馴染みですね。でも今頃なら<生>が手に入ります。
 鮮度落ちが早いため、地域によっては<生>は食べたことがないという人が多
 いかも知れませんね。春と秋の季節限定、それも漁模様次第という稀少品です。
 透き通った桜色の美しい姿、口にしたときの歯触り、ほんのりとした甘味、思
 わず「美味い!」とニッコリすること請け合いです。

▽生態
 桜えびは、甲殻類十脚目サクラエビ科に分類されます。体長はわずか4〜5
 cmほどの小エビです。深海性で昼間は200mほどの深さの所にいて、夜
 間にはエサを食べに表層20〜30mまで浮上します。そして、明け方には
 再び深みへ戻ります。これが桜えびの生活パターンです。寿命は短く、15
 ヶ月です。

 体には約160個もの発光器がありますが、実際に発光している姿は確認さ
 れていませんし、なぜ発光器があるのかも分かっていません。私の当てにな
 らない推理では、同じく今が旬のホタルイカと共通項が多いような気がしま
 す。01年3月号<春の風物詩の話>として紹介したホタルイカは実際に強
 い光を発しますが、これは夜間に敵を威嚇するためではなく、上昇や下降す
 る時の明るさに溶け込むためでした。桜えびもきっと、かつてはそんな使い
 方をしていたのではないかと・・・???

▽うっかり漁師の世紀の発見!
 桜えびの歴史は極めて浅く、登場したのはつい最近と言っていいほどです。
 それもベテラン漁師の「うっかり」のおかげというから面白いものです。今
 からたった110年ほど前の明治の中頃の話です。駿河湾は由比の二人の漁
 師がいつものように夜間のアジ漁に沖合に出ました。漁場に着いて網を下ろ
 そうとして、肝心な浮き樽をうっかり忘れてきたことに気付きました。戻る
 のも面倒とばかりに浮き樽なしに網を下ろし、深みに沈んだ網を引き上げた
 ところ、何と大量の見たこともない小エビがぎっしり入っていた!というこ
 とです。これが世界初の発見になりました。名前はもちろん見たまま、桜え
 びです!

▽地域限定
 桜えびの住みかはごく限られています。日本での漁獲のほとんどは駿河湾で
 す。他に遠州灘や相模湾、東京湾でも漁獲されますが、量的には駿河湾が圧
 倒的です。外国では台湾、中国に分布するくらいで、世界的にも稀少生物と
 して知られています。英名もそのものズバリ<sakura shrimp>です!
 現在でも、食用にされているのはこの「桜えび」だけだそうです。

▽期間限定
 桜えびの漁獲量は増減の変動が大きいのが特徴です。この原因は解明されて
 いませんが、資源保護のため春漁が3月末から6月上旬、秋漁が10月末か
 ら12月末と漁の期間を限定しています。<生>が食べられるのはこの期間
 だけです。

▼色々桜えび食べ比べヒント(#^.^#)
1)生:純生と冷凍があります。いずれも、おろし和えやレモン汁、生姜醤油、
  わさび醤油などお好みで。
2)釜揚げ:塩ゆでしたもの。コクと潮の香りが増して風味が豊かです。サラ
  ダやちらし寿司にもいいですよ。
3)素干し:生を天日干ししたもの。旨味が濃く香りが高い。かき揚げ、お好
  み焼き、焼きそばなどにほんの少し入れるだけで風味が格段に増します。
4)煮干し:釜揚げをさらに天日干ししたもの。歯ごたえがグッド。何と言っ
  ても、かき揚げがオススメ。
※生桜えびを食べるときに<ヒゲ>が気になるという人は、水をはったボール
に桜えびを入れ、割り箸数本でかき回してみてください。結構ヒゲが取れます。

▽似て非なるエビ!?
 一般に、素干しなどに加工されている赤い小エビを見かけると「ああ、桜え
 びか」と思ってしまいがちですが、次からは立ち止まって、原材料名の表示
 を確認してみてください。実は別種の<シラエビ>や<南極オキアミ>を赤
 く着色したものであったりします。ちなみに、この<南極オキアミ>はエビ
 の仲間ではありません。<小エビ>と称してお好み焼きに使われているのは
 これであることが多いようです。桜えびは高価ですからネェ〜。

▼桜えびパワー全開!
 丸ごと食べる桜えびは、カルシウムやリンなどの無機質が他のエビとは比較
 にならないほど多く、コレステロール値を下げるEPA・DHA、タウリン
 なども効率よく摂取できる<超優良食品>です!
■メールマガジン<お魚よもやま情報>2003年4月号