編集者ホームページへ

◆◇◆サザエさんの話◆◇◆
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 サザエさんの登場人物の名前が面白いですよね。波平にフネ、マスオ、カツオ、
 ワカメ、タラオ、タイコにイクラ・・・。この中で「イクラ」だけはロシア語
 なんですよね。あれっ、いきなり話が脱線してしまいました。主人公のサザエ
 さんの話を始めましょう。

 お馴染みのサザエは、通年小売店で見かけますが、今の時季はたまに<特売品
 1個100円>などと目玉商品にする店もあって、非常に身近な食材になって
 いますね。でも、サザエは豊漁と不漁の差が大きいことで知られ、昨年のよう
 に不漁高値の年もありますし、何年かに一度は大発生することもあります。
 今年は安値傾向ですよ。是非、たくさん食べて下さい。

▽生態
 サザエは北海道南部から九州までの水深1〜10m位の岩礁域に住んでいま
 す。ゴツゴツと角を生やした円錐形のユニークな姿の巻き貝で、古腹足目・
 サザエ科に分類されます。

 夜行性で、昼間は岩の割れ目や穴に隠れ、夜になると這い出てきて、アラメ
 やワカメ、ホンダワラなどの海藻を食べます。イケナイ!<這う>などと言
 ってはサザエさんに叱られます。大きな殻を背負って、二つ?の足を交互に
 動かし、立派にそしてユーモラスに歩く?のです。この様子は水槽の中でな
 ら見ることができます。

 殻の色は褐色と緑が混ざり合った、何とも不思議な色をしていますが、これ
 は食べる海藻によって変わります。試しに偏食させると殻の色も片寄るそう
 です。内側はきれいな真珠光沢があるので、貝ボタンなどに加工されます。

 産卵期はだいたい7〜9月です。産卵後、2年の終わりから3年の初めに成
 熟し、殻高3〜4cmに成長します。大きいものは10cmにもなり、寿命
 は7〜8年と言われています。

 サザエの雌雄は外見では分かりません。殻から身を取り出して内臓(ほとん
 どが生殖巣)の色がグリーン系ならメス、クリーム系ならオスです。

 市場に入荷しているサザエは6cm、150g前後が中型といったところで
 しょうか。ところで、姫サザエというのは別種ではなく、若いごく小型のサ
 ザエの別名です。

▽サザエの<角>
 角はサザエのトレードマークですが、角が大きいもの、小さいものから、ま
 ったくないものまで様々です。これは種類が違うわけではなく、育つ環境に
 よります。外洋の波の荒い岩礁に住むものは角が長くなり、内海の波の静か
 な所に住むものは短くなります。ちなみに、角の長いサザエを水槽で飼うと
 新たに成長した部分には角は生えてこないそうです。

 と言うことは、角は決して飾りではなく何か役目を持っているようです。角
 は波の荒いところで転がってしまわないためのつっかえ棒だ、という俗説?
 が案外、真相なのかも知れませんね。

▽名前の由来
 サザエの名前の由来はハッキリしません。小家(ささえ)の意味だという説
 や小さな柄(え)をたくさん付けた貝という意味ではないか等々諸説あるよ
 うです。漢字の栄螺はもちろん当て字ですね。他にも拳螺という字も当てら
 れます。その点、英名は明快です。Horned turban すなわち、「角状のター
 バン」というわけです。

▼サザエの目利き
 サザエの味は大小や角の有無には関係ありません。大小は料理用途と予算で
 選んで下さい。とにかく新鮮なものを選びましょう。さて、そのポイントで
 す。触るとふたをさっと閉じたり、身を引っ込めるのはもちろん生きている
 証です。できればこぶし大で、殻が薄く、振って音のしない重い物がいいで
 す。

▼殻のはずし方
 要領が分かれば簡単ですから、是非挑戦してみて下さい。
●貝剥きの代用に洋食ナイフかバターナイフなどあまり鋭くない物を用意して
 下さい。
1)蓋を固く閉めている状態だとナイフを差し込めないので、蓋を下にして置
 いておきます。少しすると蓋を持ち上げて出てきますので、そうしたら蓋を
 上にして手で持ち、貝の中心の隙間に素早くナイフを差し込みます。
2)そのままナイフで口の縁をなぞるように、時計と逆回りに回し、貝柱を切
 ります。すると蓋の付いた身が殻からはずれて出てきます。
3)殻の中に指を入れて上の部分に残っている貝柱を取り、奥にあるワタを身
 と一緒に回しながら取り出します。
※角で手を怪我しないように、軍手をすれば滑り止めにもなりますよ。

▽調理のコツ
 サザエといえば刺身と壺焼きが代表ですね。刺身はお造りを買うと高いです
 が、殻付きを買ってきて自分で造ればグッと安上がり!上の要領で殻さえは
 ずせれば、後は切るだけ超簡単です。小型のサザエでナイフを入れにくい場
 合は、先にさっと茹でると、簡単にナイフが入って身がはずせます。
 また、サザエの磯の香りと歯ごたえが苦手という人は、刺身に切ってから熱
 湯にくぐらせ、冷水に放って霜降りにしてみて下さい。食べやすくなります
 よ。試してみて下さい。
■メールマガジン<お魚よもやま情報>2003年5月号