編集者ホームページへ

◆◇◆海の中のシャクナゲの話◆◇◆
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 シャコと言えば「寿司種」ですね。その姿を見たことのない人も、寿司種とし
 て「むき身」のものであればお馴染みだと思います。活シャコも以前はたくさ
 ん市場に入荷したのですが、最近ではめっきり減ってしまいました。今では圧
 倒的に、手間いらずの「むき身」での流通です。

▼生態
 シャコは漢字では「蝦蛄」と表記します。蝦はエビのこと、蛄は体の固い虫
 のことです。つまり、漢字名は固い殻を持つエビという意味です。一般にシ
 ャコエビという呼び方もします。でもエビの仲間ではありません。その姿は、
 エビというにはあまりに扁平で細長く、初めて見る人には、ムカデが鎧(よ
 ろい)を着けているようだ(m_m)と思われるかも知れません。でも、外見
 で判断してはいけません。その鎧の中身は実に美味!エビやカニとは違う甘
 味が堪りません!

 固い鎧は青みを帯びた薄茶色をしています。体長は15cmほどになります。
 頭部にある第二脚一対が、カマキリの大きな鎌のような形をしていて、鋭い
 トゲが並んでいることが特徴です。これは捕脚と呼ばれ、獲物を捕まえるた
 めの強力な武器です。

 日本では、北海道以南の内湾の水深10〜30mの浅い泥底に広く分布して
 います。産地としては、仙台湾、東京湾、瀬戸内海などが有名です。分類上
 は口脚目シャコ科になります。

▽都会人のような生活ぶり!?
・マイホーム−−−シャコは強力な尾を使って、泥底に断面がカマボコ型の<
 マイホーム>を作ります。ガレージではありませんよ。その長さは体長6〜
 12cmのシャコのもので、40〜80cmあります。成長につれて、快適
 な広さに増築します。トンネルのようなイメージですが、シャコはああ見え
 ても意外に柔軟な体をしていて、この家の中でUターンすることもできます。

・近所付き合いはしません−−−シャコはマイホームに対してとても執着心が
 強く、来訪者は撃退します。この性質を人間が悪用?してシャコ漁をするの
 です。干潟に住むシャコは昔から「釣り漁」が各地に伝わっています。アユ
 の友釣りの要領で、1匹のシャコを釣り糸で縛り、別のシャコの家に侵入さ
 せるのです。怒って出てきた主を素早く手で捕まえるといった、とても明快
 な漁法です。一般的には、小型底引き網漁です。何度か網を入れ海底をかき
 回して、シャコの家を埋めてしまいます。驚いて出てきたシャコを一網打尽
 というわけです。

 先日の地震の時もこれと同じ状況だったのでしょう。それも網の比ではなく
 被害が広範囲だったため、被災したシャコたちが海底に溢れ、大豊漁となっ
 たようです。シャコが異常発生したわけではなく、一時に大量に獲れたこと
 で相場も暴落し、地元の漁師さんにとっては喜べない出来事だったようです。

・食事は自宅でします−−−シャコの持つ大きなカマは伊達ではありません!
 夜になるとシャコは自宅の玄関で息をひそめて、外を通る獲物を待ちます。
 エビや小魚などが射程内にはいると、大きなカマで瞬時に獲物をすくい上げ
 るように捉え、家の中でディナータイムとなります。また、時には家を出て
 獲物を探し回ることもあります。カニやアサリなど殻の固い獲物には捕脚で
 肘撃ちを食わせ、殻を砕いて身を食べてしまいます。恐るべきパワーと武器
 の持ち主ですね。

・食後はゴミ出しします−−−恐ろしげなシャコですが、きれい好きな?一面
 もあります。食後には食べかすのゴミを家の外に押し出すのです。また、こ
 れとは違う意味で<海の掃除屋>の異名を持ちます。食欲旺盛なシャコは、
 昔から漁場を荒らす無頼漢として、この名を付けられたそうです。でも今で
 はもちろん、こんな悪役のイメージや外道扱いなどありません。各地とも漁
 獲量が減って輸入物が増加しています。

▽カツブシ
 地域によって多少違いますが、シャコは4〜9月頃に産卵します。母シャコ
 は卵を塊にして、投網のように放り投げたり、たぐり寄せたり、たたんだり
 といった奇妙な行動をとります。これはもちろん遊んでいるのではありませ
 ん。卵を新鮮な海水にさらすための大切な保育行動なのです。

 抱卵期の卵は「カツブシ」とか「オカカ」といって珍重されます。独特の固
 さと甘みは絶品です。

▼名前の由来
 別名にはガザエビ、シャク、シャクナギなどがあります。シャコの名前の由
 来は、茹でると紫がかった褐色になることからつけられたと言われます。連
 想できます?シャクナギとはシャクナゲ(石楠花・石花)のことです。茹で
 た後の色が、シャクナゲのようだ、つまり石花(シャクカ)のようだが転じ
 て「シャコ」となったのです!う〜ん、何という風流人!? でも、喩えら
 れた方のシャクナゲには、少々気の毒なような気が・・・・(^_^;
 その点英名は単刀直入です。すなわち「カマキリエビ」。国民性ですね。

▼シャコの目利き
 生鮮ものは身が詰まっていて重いもの。むき身なら肉厚で張りがあって、ベ
 タベタしていないものを選んでください。

▼シャコパワー全開
 高血圧予防に効果があるカリウムやコレステロールの増加を抑えるタウリン、
 それに貧血に効果のあるビタミンB12を豊富に含んでいますので血液を正常
 に保つ働きをします。

▽食べ方
 むき身なら寿司種や酢の物が一般的です。天ぷらも美味しいです。さっと揚
 げて天つゆで食べて下さい。他には甘辛煮や味噌汁もいいですよ。生きてい
 るものは敬遠されがちですが、店頭で見つけたら是非チャレンジしてみてく
 ださい。まずは塩茹でがおすすめです。1リットルの水に小さじ2杯の塩を
 入れ、生きているシャコを10〜15分茹でます。ザルに上げて冷ましてか
 ら、両サイドの足の付け根あたりからハサミで大胆に切り取ると、上下の殻
 がくるときれいにむけます。これをワサビ醤油でパクつくと、もう最高!
■メールマガジン<お魚よもやま情報>2003年6月号