◆◇◆いなせな魚の話◆◇◆
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ボラという名前は知っているけれど、見たことも食べたこともないという人が
 多いのではないでしょうか。少なくとも当地では流通量は少なく、品揃えする
 小売店もまれです。でも、江戸前の海がきれいだった昔は当地でもとても親し
 まれた魚でした。旬は秋から冬。特に「寒鯔」はことのほか美味と言われます。

▼ボラってこんな魚です
 ボラは「スズキ目・ボラ科」に分類されます。世界中の熱帯、温帯域の沿岸、
 河口付近に住んでいます。日本では北海道以南の沿岸や川の下流でごく普通
 に見られます。ほぼ円筒形で胴が太く、大きな尾ビレがあります。背中は暗
 青色で腹は銀白色、全身大きなウロコで覆われています。沿岸域で見られる
 のは40〜50cm位までですが、最大80cmほどになります。

▼生態
 ボラは成長と共に名前の変わる<出世魚>です。産卵の場所等はまだハッキ
 リ分かっていませんが、南日本や南方の外洋で、11月から1月頃に産卵し
 ているようです。孵化した子供達は暖流に乗って春に各地の沿岸に群れをな
 して寄せてきます。この時の体長が2〜3cmで、ハクとかキララと呼ばれ
 美しい銀白色をしています。

 3〜18cmになるとオボコとかスバシリと呼ばれ、川の下流域で過ごしま
 す。秋にはさらに成長してイナになります。晩秋から冬になると内湾の深み
 で越冬します。そして翌年の春には2才魚となり再び浅瀬に戻ってきます。
 30cmに成長すると、もう一人前のボラです。

 ボラはとても臆病で俊敏です。そして、その素晴らしい跳躍力でも知られて
 います。トビウオのような滑空ではなく、真上に1m50cmほどまで飛び
 上がり、八の字を描いて頭から着水するという特技を持っています。秋の夕
 べの風物詩であったそうです。

 沿岸域に住み着いたボラの子供達やボラは、砂泥底をなめ回して虫や藻を泥
 ごと食べます。このため環境が汚染された湾内などに住むボラは、泥臭さや
 油臭さが付いて食べられないことがあります。これが東京湾のボラがいつし
 か不人気となった一番の原因です。海を汚した張本人の人間からは敬遠され、
 安心安全な住まいを失ったボラの数は減っていました。

▽ボラの大群出現
 ところがです。今年の春2月、東京は品川区の立会川に数知れぬほどのボラ
 の大群が押し寄せました。盛んに報道されたので覚えている方も多いですよ
 ね。立会川といえば平成8年の東京都の水質調査で見事!?ワーストワンと
 なった悪名高いドブ川でした。それが、地下水をくみ上げて川に放流すると
 いう水質改善?効果でボラが戻ってきたと大喜びの報道でした。でも、それ
 って、汚れを薄めただけのような気もするのですが・・・(^_^;

▼とても身近な縁起のいい魚です
 ボラは古来から重要な食用魚としても、縁起のいい出世魚としても親しまれ
 てきました。関東では祝い魚として、生後100日目のお食い初めに使われ
 たり、江戸時代には伊勢参りの縁起物として<イナ料理>が藩の重要な財源
 となっていたなど、各地にボラにまつわる話が残っています。また、現代に
 伝わる言葉としても、ボラがいかに身近な存在だったかが分かります。

・おぼこ :まだ世間のことをよく知らず、世慣れていないこと。
・青二才 :「青」は未熟なこと。「二才」はボラなどの幼魚をたとえたもの
 で、年若く経験に乏しい男のことです。
・いなせ :江戸日本橋魚河岸の若者が髪を「鯔背銀杏(いなせいちょう)」
 に結っていたところから、粋でいさみはだの若者を指したり、その容姿や気
 風を指す言葉になりました。「いなせな法被(はっぴ)姿」などといいます
 よね。今流に言うと「イケメン」ですか(^^)
・とどのつまり :ボラがさらに成長すると最後に「とど」と呼ばれます。こ
 のことから結局、ついにという意味で「とどのつまり」となりました。生ま
 れてから日本各地の沿岸域で過ごしたボラは4、5年魚のトドとなり、晩秋
 には産卵場所を求めて姿を消していくのです。

▽ボラにはヘソがある!?
 ボラにはヘソと呼ばれる箇所があります。魚類ですからもちろん本当のヘソ
 ではありません。エサを泥ごと食べるため、ボラの胃袋は頑丈にできていて
 特に幽門部(出口)はニワトリの砂袋に相当するものがあり、これを「ボラ
 のヘソ」とか「ソロバン玉」と呼びます。これはアンコウの肝と並び称され
 るほどの珍味です。醤油のつけ焼きで食べるのが最高といわれます。

▽日本の三珍<からすみ>は輸入品!?
 ボラの卵巣を塩漬けにして、干し固めた物がコノワタ、ウニとともに「天下
 の三珍」と言われる「カラスミ」です。ところがこのカラスミは、日本古来
 の物ではなく、トルコ、ギリシャで考案された製法が中国経由で400年ほ
 ど前に日本に伝わったものだそうです。ちなみに、このカラスミが献上され
 た、時の権力者は豊臣秀吉でした。

▼食べ方
 もちろん、日本各地にはきれいな内湾もたくさんありますし、油臭くない、
 本来のボラがたくさん獲れます。まだ食べたことのない人は決して食わず嫌
 いにはならないで、是非機会を作って食べてみて下さい。
 代表的な食べ方は、洗いにして辛子酢みそや生姜醤油で。焼き物の場合はも
 ろみや醤油のつけ焼きで。洋風ではフライやワイン煮でどうぞ。


■メールマガジン<お魚よもやま情報>2003年9月号