編集者ホームページへ

◆◇◆海の麗人の話◆◇◆
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 最近ではサヨリを小売店で見かける機会も随分減ってしまいました。当市場で
 もサヨリの販売先は、寿司屋さんや料理屋さんがほとんどです。特に今年は、
 今のところ入荷が少なく、国産物はかなりの高値になっています。旬を迎えて
 入荷が増えることを期待しています。

▼サヨリってこんな魚です
 皆さんはサヨリの姿が目に浮かびますか?一番の特徴は、口の先にある細長
 く針のように伸びた鋭い角?のようなものですね。そして、ほっそりとした
 流線形のスマートな体、青色の背中、銀色に輝く腹部、大きな目、それらが
 調和して、素晴らしく美しい姿をしています。このサヨリたちが群れで水面
 下を矢のように走るのです。「海の麗人」とか「海の貴婦人」と賞賛される
 のもうなずけますね。

 北原白秋の「さより」という歌詞を思い出す方も多いと思います。
 「サヨリはうすい サヨリはほそい ぎんのうおサヨリ おねえさまににて
 る」この歌詞の通り、サヨリのイメージは美しい女性ですね。

▽鋭い角のように見えるのは、実は下顎です。逆に上顎はとても小さく短い、
 極端な受け口なのです。そして、その下顎の先端の下部は紅をさしたように
 赤く染まっています。本当にちょっとできすぎではと思えるほど、見れば見
 るほど美しい魚です。皆さんも機会があればじっくりと実物を眺めて下さい。

▲「ところが・・・」です!
 こんなに美しい外見なのに・・・と大人の汚れた?眼が見てしまうのです。
 サヨリの腹を割いて内臓を取り出すと、腹の内側は真っ黒です!ベットリと
 した膜が張り付いているのです。刺身にするときにはこの黒い膜を丁寧にす
 き取らないと苦みが残ります。このことから後に、「サヨリのような女性」
 というのは「美人なのに腹黒い女性」を指すたとえになったようです。

 これはサヨリにとっては名誉毀損ものです!体の割に腹腔の大きいサヨリは
 傷みやすく、鮮度が劣化するとこの黒が茶色に変色してしまいます。つまり
 サヨリの腹の中が黒いのは鮮度の良い証拠なのです!また、丸干しにした時
 のこの苦みこそサヨリの味だ、と通人は言います。(裁判長:サヨリスト)

▽サヨリはダツ目サヨリ科に分類されます。このダツ目にはトビウオやサンマ
 などの仲間がいます。サヨリ科の仲間は世界に85種、日本にはサヨリの他
 クルメサヨリ、トウザヨリ、ホシザヨリなど11種が分布しています。住み
 かは琉球列島と小笠原諸島を除く日本各地から朝鮮半島沿岸、黄海までで、
 沿岸や内湾の表層を群泳します。

▽名前の由来
 いくつかの説があります。一つは習性から来ています。海面を群れで素早く
 泳ぐことから、サワ(沢山:たくさん)とヨリ(寄り集まる)からワがとれ
 てサヨリとなった説。似たものではサワ(岸辺の意)とヨリ。また、サワで
 はなく、細長い群れを作るのでサ(狭い)とヨリでサヨリ説など。
 他には姿から来ている説です。まっすぐでよろしき魚という意味の古語ヨリ
 トの頭に、細長いという意味のサが付いてトがとれた説。サヨリは細かく剥
 がれやすいウロコを持つので細鱗(サイリ)がサヨリに変化した説。

 う〜ん・・・。いつも思うのですが、こういう諸説というのはクイズ番組の
 答えのようで、どれももっともらしいですね〜。

 ちなみに中国では「針口魚」「針嘴魚」、台湾では「水針」と表記するそう
 です。そして英名は「halfbeak」すなわち半分のくちばしを持った
 魚と呼ばれています。

▼生態
 産卵期は地域によって前後しますが、4〜6月で、沿岸の流れ藻やホンダワ
 ラ類に卵を産みつけます。初夏に孵化した稚魚は沿岸域で動物性プランクト
 ンなどを食べて成長し、秋には15cmほどに成長します。水温の下がる冬
 は深場に落ちて越冬し、春には30cmを超えるまでに成長して、産卵のた
 めに沿岸に戻って来ます。最大で40cmほどになり、寿命は2年です。

▽長い下アゴは身を守るための武器ではなく、表層近くにいるプランクトンや、
 落ちて水面に浮かんでいる昆虫などをすくい取って食べるのに役立っていま
 す。サヨリには身を守るための武器ではなく特技があります。サヨリの逃げ
 場は海中ではなく、空中なのです!そうです。あのトビウオの近縁でした。
 羽根がないのでトビウオのようなわけにはいきませんが、尾ビレで水面をた
 たき、数メートルも跳びはねることができます。サヨリが海面を跳び始める
 と春が訪れるのです。

▼ご当地贔屓(ひいき)
 このように日本各地に住むサヨリは、親しまれた地方名もたくさんあります。
 東京神奈川では30cmを超える大型のものを特に「カンヌキ」と呼びます。
 もはや死語ですが、両開きの扉の戸締りに使う閂(カンヌキ)に喩えたもの
 です。県の魚に指定している福井では「サイヨリ」、同じく石川では「スズ
 」、新潟では「ハリヨ」等々たくさんあります。今でも通用しているかは別
 として、昔から愛されてきた証拠ですね。

▼サヨリパワー全開!
 白身の魚ですので、脂質が少なく高たん白低カロリーです。また、血圧の上
 昇を抑えるカリウムや、冷え症や頭痛に効くナイアシンが多く含まれていま
 す。

▼目利きのポイント
 丸魚であれば、透き通るような銀色でツヤのあるもの。下顎の紅色が鮮やか
 なもの。白目と黒目がはっきりとしているもの。身がぴんと張っているもの。
 刺身であれば、身が白く透き通っているもの、血合いが鮮やかなものが新鮮
 です!

▼食べ方いろいろ
 寿司屋でヒカリものと呼ばれる通り、皮を薄く引いた後、身の表面は銀色に
 輝いています。その白く透き通る身を口にすると、ほのかな甘味と想像以上
 の旨味が広がります・・・。う〜ん、寿司食いてえ!と言うわけで、寿司だ
 ね、刺身に酢の物、昆布締めはもちろん、素焼きに立て酢、塩焼き、酒蒸し、
 天ぷら、椀種、干物と和食のオンパレード。洋風ではフライ、ムニエル、フ
 リッターにも向いていますよ!是非お試しあれ!
■メールマガジン<お魚よもやま情報>2004年3月号