◆◇◆愛嬌のある悪魔!?の話◆◇◆
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 日本人のタコ好きは、世界でもあきれられるほどだそうです。よくもあんな気
 味の悪い「海の悪魔」を平気な顔で、しかも世界の漁獲量の3分の2も食べら
 れるものだと。でも、それは言われたくはないですね。悪食はお互い様です。
 日本人にとってタコのイメージは、真っ赤な頭にねじり鉢巻きをした愛嬌者の
「タコの八ちゃん」なのですから。「この、タコ!」と怒鳴る人もいますがそ
 んな人の心中は、多分2割位?のユーモアが含まれているような気がします(^^)。

▼真ダコってこんなタコです
 小売店で見かけるタコは、アフリカ産のボイル真ダコが圧倒的に多く、次い
 で国産のボイル地ダコ(国産の真ダコを地ダコと呼んでいます。)、そして
 ボイルか生の北海ダコといったところでしょうか。北海ダコというのは大抵
 はミズダコのことです。また、加工方法はボイル(煮る)ではなく、蒸した
 ものもありますね。値段は輸入品より国産、小さいものより大きく太いもの
 がもちろん高いです。

 日本の真ダコは太平洋側では三陸付近から南、日本海側では北陸から南の砂
 礫や岩礁域の水深40m位までの海底に住んでいます。トレードマークの頭
 に見える部分は胴体で、眼のある部分が頭、そして8本の足と思われている
 のが実は8本の腕です。足はありません。おまけに、その足ではない腕の付
 け根の中央部にある肛門のように思われているものが口です。つまり、抱い
 ているイメージの逆さまですね。タコの鉢巻きは実は胴体に締めていたので
 す(^^)。真ダコは最大で全長60cm、体重3.5kgに達します。

 ミズダコは茨城県以北、北海道からアラスカの水深100〜200mの海底
 に分布し、最大で3m、30kgに達する世界最大のタコです。ただ、これ
 ほどの大きさになるのに何年かかるのかも寿命が何年なのかも解っていませ
 ん。また、ミズダコの分布とほぼ重なっているヤナギダコは最大で1mほど。
 両種とも北海道が主産地です。

▼生態・・・
 真ダコは頭足網八腕形目マダコ科に分類されます。え、頭足網?タコもイカ
 も頭に付いているのは足ではなく腕なのに、まあ、細かいことは気にせずに
 イメージも大切ですから。ミズダコもヤナギダコもこのマダコ科、他にもイ
 イダコやテナガダコなども同じ仲間です。タコといえば一般的には海底にだ
 け住むと思われがちですが、他の科に分類されるタコには表層や中、底層を
 遊泳するタコの方が多いのです。何しろタコの仲間は世界中で約200種も
 いるのですから。

▽産卵の不思議/海藤花
 マダコの産卵期は概ね夏の暑い時期です。普段は縄張り意識がとても強く、
 異性でも自分の巣穴には近づかせないのですが、産卵期ばかりは違います。
 オスの右第3腕が交接腕になっていて、これで交尾をします。産卵と子育て
 は母ダコの「大仕事」です。真ダコの卵は長径が2.5mm、短径が0.8mm位
 の楕円形で数ミリの柄が付いています。この卵を一度に15万個も産むので
 す。ここまでは普通の産卵のようですが違いはここからです。母ダコは岩棚
 の下や岩穴などの天井に長さ10cm弱の房状にした卵塊をつるすように産
 み付けます。この天井から下がったたくさんの白い卵塊が、藤棚に下がるフ
 ジの花のようであることから「海藤花(かいとうげ)」と呼ばれ、煮物や吸
 い物、酢の物、塩蔵加工品などに利用されます。

 母ダコは卵が孵化するまでの4週間ほど、エサも食べずに卵を外敵から守り
 ながら新鮮な水を吹きかけたりと子育てに懸命です。そして、卵がかえると
 力尽きて餓死してしまうのです。

▽好物と天敵
 真ダコは昼間は巣穴に潜み、夜になるとエサを求めて活動します。寿命は定
 かではないのですが1〜2年と言われています。この短期間のうちに3kg
 以上になるわけですから、その食欲は桁外れです。大好物はエビやカニなど
 甲殻類やアサリやカキやアワビなどの貝類です。そして、その狩猟方法がま
 た凄まじい。獲物に襲いかかると強力な吸盤でからめ取り、毒素を注入して
 麻痺させて食べてしまいます。貝の養殖場や伊勢エビにとって恐ろしい敵で
 す。そんな真ダコにも天敵がいます。住みかが似かよったウツボです。ウツ
 ボは鋭い歯で真ダコの急所である頭に食いつきます。真ダコの必死の応戦も
 むなしく、大抵はウツボに軍配が上がるそうです。でも、そんなウツボなど
 足下にも及ばない天敵といえば、もちろん人間ですね。
 それにしても真ダコって随分グルメですね。旨いわけです(^^)。

▽タコ墨
 墨を吐くというとイカとタコがすぐ思い浮かびますが、タコ墨はイメージ通
 りのもうもうとした煙幕です。でも、イカ墨はちょっと違います。タコの煙
 幕はじきに散ってしまいますが、イカ墨は自分の体と同じくらいの塊になっ
 てしばらく散らないのです。つまり、替え玉を残して自分は退散するという
 わけです。

▽海坊主VSクラーケン(海魔)
 西欧では昔から大ダコをクラーケン(海魔)と呼び恐れたと言います。帆船
 や陸上の人や牛に襲いかかり海中に引きずり込む恐怖の大ダコ!日本の海坊
 主と同じですね。これらの伝説は、やはりあの姿と獲物を襲う様子から生ま
 れたのでしょう。でも、世界最大のタコは紹介したとおり3mのミズダコ。
 おまけに海中では強力な力を発揮しますが、筋肉が緩いため陸に上がるとほ
 とんど無力です。この点真ダコの方が陸に上がってもよほど元気です!

 タコをクラーケンとかデビルフイッシュと呼んで忌み嫌った西欧の人たちは
 もちろん食わず嫌いなのでしょう。日本の他にタコを食用としているのは、
 五輪開催中のギリシャ、イタリア、スペイン、ポルトガル、南仏などの地中
 海諸国、東アジア、南太平洋の島々などです。

▼真ダコの旬と産地
 真ダコの旬は紹介している本などによってかなりまちまちです。大方は冬と
 しているものが多いようです。もちろん、獲れる場所等で違いますので冬が
 旬の真ダコもいます。共通しているのは産卵直前ということと一番多く獲れ
 る時季ということです。つまり、真ダコの産卵期は地域差と個体差がかなり
 あるのです。東京湾や三浦半島の場合は丁度今頃が産卵期で、身肉が見事に
 太りゼラチン質がのって、まさに旬です。2〜3kgが一番旨いとされてい
 ます。一方、晩秋から冬に産卵期を迎える真ダコもいます。つまり、旬が二
 度あるのです。

▽明石のタコは立って歩く?
 真ダコの有名な産地「明石」では、旨い時季として春タコ、夏タコ、寒タコ
 と呼ぶそうです。ないのは秋だけですね。これは夏タコの産卵後の休漁の時
 季です。「明石のタコは立って歩く」と言われるほど身の締まりがよく、最
 上とされています。また他にも下津井、久里浜、天草など昔から名高い真ダ
 コの産地があります。ところで、最近は量販店のPRで田植えの終わる「半
 夏生(はんげしょう:夏至から11日目)」にタコを食べたという昔の讃岐
 地方の風習をアピールして、拡販につなげています。こじつけのようでもあ
 りますが、昔の風習を広く知ってもらうという意味ではいいですね。

▼名前の由来
 タコという名は「多股」という説や、手海鼠(てこ)の転訛だとする説もあ
 るそうです。また「蛸」とい字はもともとはクモのことで、昔は「海蛸子」
 と表されていたのが省略されて「蛸」の一文字になりました。

▼タコパワー全開!
 「たこ屋に肺病なし」という諺があります。昔の人の知恵にはいつも驚かさ
 れます。真ダコは高タンパク低カロリーで、ビタミンやミネラルもバランス
 よく含み、うまみ成分でもあるタウリンが多く含まれています。このタウリ
 ンは動脈硬化や心臓病の予防、肝臓の働きを助け、疲労回復や視力回復にも
 効果があります。

▼目利きのポイント
 店頭に並ぶ煮ダコは実に様々、産地、太さ、色などによって価格も大きく違
 います。産地と太さは表示と見た目ですぐに解りますが、色と歯ごたえ、味
 の関係は一度食べてみないと解りません。というのも色は各加工メーカーの
 加工方法の秘伝でこだわりがあるからです。そしてこれは香りや味を左右し
 ます。また、固い柔らかいの好みの問題も大きいと思います。一般的にはな
 るべく太いもの、押すと弾力があるほどの硬さのものがおすすめです。

▼調理のコツ
 真ダコは刺身、酢の物、サラダ、煮物、揚げ物、炊き込みご飯など料理用途
 が広いですが天ぷらも旨いですね。

■メールマガジン<お魚よもやま情報>2004年8月号