編集者ホームページへ

◆◇◆クラゲウオ!?の話◆◇◆
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 生鮮のイボダイは北の地方では馴染みが薄いかも知れませんね。関東でも開き
 干しの需要は高いのですが、生鮮物の人気は決して高くはありません。むしろ
 マイナーな魚の部類でしょう。イボダイというのは標準名で、関東ではエボダ
 イが通称です。西日本、特に瀬戸内や九州では昔からとても親しまれている魚
 で、各地に様々な呼び名があります。

▼イボダイってこんな魚です
 横から見ると楕円形で平べったい形をしています。頭、口先は丸く、大きな
 目と小さな口が可愛いです。体色は銀灰色でエラ蓋の上に不明瞭な黒い斑紋
 があるのが特徴です。体長は最大で30cm位になります。全身にまとった
 ウロコはとても剥がれやすく、流通の過程でほとんどなくなってしまい、小
 売店の店頭ではすべすべ肌の魚のように見えることが多いと思います。体表
 からねっとりした粘液を出し、これがバターを塗ったように見えることから
 英名はジャパニィーズ・バターフイッシュです。

▼生態・・・
 イボダイも古くから重要な食用魚として親しまれてきた割には、その生態が
 あまり研究されていない魚の一つです。イボダイはスズキ目イボダイ科に分
 類され、世界に27種、日本近海には4種が分布しています。仲間でよく知
 られているのはメダイです。ただ、メダイはかなり大きく(90cm)なり
 ますし、色も違い、体高も低いためそれほど似ているとも思えませんが、顔
 つきは確かに似ています。それよりもむしろ近縁のマナガツオ科のシズ(バ
 ターフイッシュ)やオオメメダイ科のマルイボダイの方が外見はよく似てい
 ます。特に輸入魚のシズ(北・南米の沿岸に分布)はイボダイの別名と同じ
 ですし、開き干しにすると消費者にはほとんどイボダイと見分けられないほ
 ど似ていますので、すっかり混同されています(^_^;。

 イボダイは太平洋側では松島湾以南、日本海側では男鹿半島以南から東シナ
 海に分布する暖海性の魚です。成魚は昼間は水深200m位までの底層を夜
 にはエサを求めて表層を群れで遊泳します。産卵期は住みかによって違いま
 すが、だいたい6〜8月で、体長は1年で14cm、2年で18cm、3年
 で20cm前後になります。

▽クラゲウオって!? クラゲとは切っても切れぬ縁で結ばれています!
 イボダイの卵は浮游卵で、孵化した幼魚期には表層を浮游するクラゲの傘に
 隠れて生活します。小さなイボダイが一見気味の悪いクラゲに守ってもらっ
 ている様子はいかにも微笑ましい絵です(^^)。クラゲの周囲には他にもアジ
 やカワハギの仲間などが外敵から身を守るため、毒を持つクラゲを隠れみの
 にすることが多いのです。もちろん、これらの魚はクラゲの毒に対する耐性
 を備えています。ところが、イボダイの様子を見ていると何かヘンです。ク
 ラゲの傘の下をちょろちょろと泳ぎ回りながら時々、傘の下のフサフサした
 部分をついばんでいるのです(?_?)エ? クラゲの掃除をしてあげているの?
 いいえ違います。遠目にはクラゲと共生しているかのようですが、実はクラ
 ゲはイボダイにとって保護者でありながら大切なエサなのです!

 そんな訳で、瀬戸内地方ではイボダイの幼魚をクラゲウオと呼びます。福井
 県などでも、クラゲの大発生した年はイボダイの漁獲量が増えるという言い
 伝えがあるそうです。そういえば昨年の秋、北陸地方でエチゼンクラゲが大
 発生して漁業者を悩ませたという報道がありましたが、イボダイの漁獲量は
 増えたのでしょうか!?

▽クラゲに寄り添うイボダイの幼魚の海中写真がHPに掲載されています。
 http://www.digi-aqu.tv/iop/part/ibodai.html

▼名前の由来
 イボというと、どうしてもでき物を連想してしまって響きがよくありません
 ね。でもイボダイのイボはそれとは違います。エラ蓋の上にある黒い斑紋が
 お灸の跡<いぼお>に似ていることが名前の由来と言われています。では、
 疣鯛のタイはと言えば、もちろん「あやかり鯛」です。本物の鯛はマダイ、
 クロダイ、チダイなどわずか13種ですが、○○ダイと名の付く「あやかり
 鯛」はかなりの数がいます。有名?なところをあげますと、キンメダイ、ア
 マダイ、イシダイ、コショウダイ、マトウダイ、アオダイ、チカダイ・・・
 等々です。これらの中には色や姿やイメージが、確かに「鯛」に近いものも
 いますが、ほど遠いものも多いです。イボダイも鯛の仲間とは・・・(^_^;

 イボダイには地方名がたくさんあります。漁獲量の多い大分ではアメタ、シ
 ス。徳島ではボウゼ(昔から秋祭りにはボウゼのにぎりを食べることが慣わ
 しだそうです)。大阪、兵庫、和歌山ではウボゼ、ウオゼ。愛媛ではアマギ、
 バケラ等々驚くほどあります。これは各地に「一般的な名前」が広まるより
 もずっと昔から親しまれてきた証しなのでしょうね。ちなみに関東でエボダ
 イというのは「イボ」を嫌って「エボ」にしたわけではなく、単なる東京訛
 りでイボをエボと発音していた名残のようです。

▼目利きのポイント
 体の色が黒っぽくヌルヌルしているもの。また、このヌメリが透明なもの。
 身に張りのあるもの。そしてもちろん、目が黒く澄んでいるものを選んで下
 さい。新鮮なものほど身がよく締まっており、下ろす時に骨離れがよくて調
 理がとても楽ですよ。 

▼調理のコツ
 ウロコが剥がれやすいので、家庭で調理する時に一見ウロコが無いように見
 えますが、背や腹には残っています。ヌメリと一緒に包丁の刃先で丁寧にこ
 すり落として下さい。さて、イボダイ料理です。神奈川では地上がりの鮮度
 の良い「エボダイ」が手にはいるのですが、何故か刺身で食べる習慣があり
 ません。甘味があって実に美味いのにもったいないことです。代表料理はも
 ちろん塩焼き。開いて生干しにすると旨味が凝縮されて一層美味しくなりま
 す。煮付け、バター焼き、照り焼き、味噌漬け、唐揚げも旨い!中華では蒸
 し物や揚げ物にします。近縁のバターフィッシュは米国では最も美味な魚の
 一つとして、ソテーやオーブン焼き、ムニエルなどにするそうです。
■メールマガジン<お魚よもやま情報>2004年9月号