編集者ホームページへ

◆◇◆カエル顔の魚の話◆◇◆
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 メイタガレイは当魚河岸では高級魚に属する、流通量の少ない魚の一つです。
 全長20cmに満たない小型魚であれば価格も安めですが、中・大型になると
 キロ単価がぐっと上がる上、目方もかかるので「高級魚」入りしてしまうので
 す。そんなわけで、小売店で見かける機会が少ないかも知れません。

▼メイタガレイってこんな魚です
 カレイと言えば、マコガレイ、マガレイ、赤ガレイ、黒ガレイ、ナメタガレ
 イなどカレイ目カレイ科に属する馴染み深い魚が多いですが、メイタガレイ
 も同じ仲間です。体は菱形で体高が高く、厚みがあります。頭は小さく両眼
 は接近していて飛び出し、その間は盛り上がっていて前後に二つの棘のよう
 な突起があります。そしてとても小さな口がちょこっとついています。有眼
 側(ゆうげんそく:眼のある側)は茶褐色で無数の不定形な黒色斑紋があり、
 無眼側は白色です。また、表面にはヌメリがあってウロコは非常に細かいで
 す。

▽カエル顔!?
 生きているメイタガレイを正面から見ると、二つの飛び出した大きな眼がケ
 ロヨンの様でまさに「カエル顔」です。対称的に小さな口が可愛くて、かな
 り愛嬌があります。死んでしまうと眼もしぼんでしまうので「カエル顔」で
 あることは残念ながら?あまり知られていません。
◇ダイバーの撮影した海中の画像があります。ご覧下さい。納得できます。
 http://www.izuzuki.com/Zukan/Fish/kare/meitaKR.html

▼生態・・・
 メイタガレイは北海道南部以南の沿岸各地、黄海、渤海、東シナ海北部にか
 けて分布しています。水深100m以浅の砂泥底が住みかで主にゴカイなど
 の多毛類や小さな甲殻類、プランクトンなどを食べます。これらを食べるの
 に大きな口はいりません。全長は最大で30cm弱、体重は300g超にな
 りますが、これはいずれもメスで、オスはやや小さい「ノミの夫婦」です。

 産卵期は地域によって異なりますが概ね秋から早春に水深30m以浅の浅場
 で行われます。オスがメスに求愛してペアとなり、放卵、放精します。ふ化
 した仔魚は浮游しながら卵嚢の栄養を吸収して成長し、40日後くらいには
 普通の魚のように眼が体の両側についた姿になってエサを食べるようになり
 ます。60日を過ぎると左眼は右眼の側に移動し、カレイの姿となって着底
 し安定した海底生活へと入るのです。1年で15cm、2年で20cm、3
 年で25cmほどに成長します。

▽忍法「隠れ蓑」の使い手です
 魚たちは外敵から身を守るためやエサを得るために実に様々な特技を備えて
 います。中でも人の目から見て驚かされるのは単なる保護色ではなく、姿を
 変えてしまう技でしょうか。身近な例ではタコですね。タコは自分の意志で
 体を周りと同じ色形に変えてしまうことができる上、墨を吐くことまででき
 ます。これはもう「海の忍者」ですね。実はメイタガレイも忍法を使うので
 す。その名も「忍法隠れ蓑」!。

 メイタガレイのギョロ眼は伊達ではありません。周囲の情報をキャッチして
 有眼側の色素細胞を調節し、周囲と同じ色と模様に変えることができるので
 す!小石混じりの海底でもノープロブレムです。ただし、この技は未だ未完
 成であるらしく弱点もあります。変身が終わるのに15分以上の時間がかか
 ってしまうのです。一瞬のうちに「ヘンシーン!」と言うわけにはいきませ
 ん。
◇それでも、その術の出来映えは見事なものです。海底に同化したメイタガレ
 イの姿をご覧下さい。(先程と同じHPです。)
 http://www.izuzuki.com/Zukan/Fish/kare/meitaKR.html

▽「本」と「化け」は雲泥の差!?
 メイタガレイの近縁にナガレメイタガレイがいます。関西ではこれを俗にバ
 ケメイタと呼びます。もちろんメイタガレイが本メイタです。ところが関東
 ではこの2種を混同していて、すべてメイタガレイなのです。これは両者の
 外見がとても似ているせいもありますが、それよりも東西の食習慣の違いに
 よります。大阪では特にメイタガレイは珍重されていて、食べ方の第一は刺
 身です。刺身となると両者の違いは天と地、月とすっぽん、雲泥の差です。
 ナガレメイタは身が柔らかすぎて刺身には不適格なのです。漁獲量は本メイ
 タの方がぐっと少ないこともあり、関西での市場価格はバケメイタの倍以上
 だそうです。
 刺身で食べる習慣のなかった関東では、両者を使い分ける必要がなかったと
 いうのが真相です。

▽旬はいつ?
 メイタガレイの旬については、公表されている「解説」によって四季それぞ
 れが上げられています。一般的には産卵の前というこで共通しているのです
 が、その産卵期が地域によって異なるためです。言い換えれば今時、全国各
 地の魚が手にはいるのですから、ほぼ一年を通して美味しいメイタガレイを
 食べることができるわけです(^^)。

▼名前の由来 
 漢字では「目板鰈」または「目痛鰈」と書きます。名前の由来も次の二つに
 絞られています。「目板」は両眼の間にある板のように固い盛り上がりのこ
 とです。「目痛」はカレイを調理する時に普通、眼の間を持つことから、不
 用意にそこを持つと棘があって「痛っ」というわけです。漢字では「目板鰈」
 の方が一般的ですが、由来は「目痛鰈」の方が有力なようです。

▼メイタパワー全開!
 ビタミンB2やナイアシンを多く含みますので、発育不良や肌荒れなど皮膚
 の障害の改善に効果があります。

▼目利きのポイント
 身に厚みがあってしっかりと締まっていること。腹がぶよぶよと柔らかくな
 りすぎていないこと。眼が窪んでしまっていないこと。ヌメリがなくなって
 いたり、ウロコが剥がれていないこと。などがポイントです。

▼おすすめクッキング
 鮮度の良い「本メイタ」はもちろん刺身!そして全国区な食べ方は煮付けと
 空揚げです。煮付けのコツは汁気を多くして薄目の味付けにすることです。
 空揚げの場合は160度位の低めの温度でじっくりと揚げ、5分ほど置いて
 から180度でカラリと揚げれば、ヒレまでパリパリと美味しく食べられま
 す。
■メールマガジン<お魚よもやま情報>2005年9月号