編集者ホームページへ

◆◇◆セピア色の王様の話◆◇◆
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
アオリイカは小売店ではなかなかお目にかかれませんが、当市場では春から秋
にかけて地物(神奈川産)が追っ駈け(朝網)で入荷します。セリにかけられ
る時にはまだ生きていて、透明な姿はとてもきれいです。市場の評価は高く、
高値で取引されるため、販売先は寿司屋さんをはじめとする飲食店が中心です。
お馴染みのスルメイカやヤリイカと比べると大きいものが多く、1杯当たりの
単価が高くなりすぎることもあって、その姿を店頭で見かける機会が少ないよ
うです。1杯1kg以上もあって、それが3千円を超える値段だと、家庭では
大き過ぎ、高過ぎですね(^_^; 。

▼アオリイカってこんなイカです・・・
 イカの世界の消費量の何と半分以上は日本です。イカに限らず魚介類の消費
 量はもちろん日本がダントツですが、それにしても日本人はイカが好きです
 ね。そんなイカ好きが、刺身にして一番美味い、イカの王様だと称賛して止
 まないのがこのアオリイカです。コリコリとした歯ごたえ、厚い身を噛むほ
 どに広がる旨味と甘味・・・やはり王様です。

 アオリイカは、軟体動物門頭足綱二鰓亜目ツツイカ目ジンドウイカ科に分類
 されます。北海道南部以南各地の沿岸やハワイ以西の太平洋、インド洋など
 の暖海域に分布しています。近い仲間にはヤリイカやケンサキイカ、ヒイカ
 などがいますが、この中でアオリイカだけが外套(胴)の全長に及ぶ大きな
 ヒレを持っています。このため一見、甲羅(実は貝殻の名残)を持つコウイ
 カとよく似ていますがアオリイカには甲羅はありません。その代わりに透明
 でぺらぺらの軟骨(一般的に骨と呼ばれているもの)を持っています。この
 大きなヒレは肉厚で、広げると大きな軍配形になります。

 オスの方がメスよりも大きくなり、胴長は最大で40cmを超え、体重も3
 kgを超えるものもいます。丸くて大きな眼は透明な膜で覆われていて露出
 していません。腕(足?)はもちろん10本。その内一際長い2本は触腕と
 呼ばれ、重要な役割を持っています。寿命はわずか1年余り。子孫を残した
 後、力尽きます。

▼生態・・・産卵は少数精鋭主義
 アオリイカは高水温には適応性が高いのですが、水温が15度以下になると
 生きていけません。水温が下がる冬には越冬のため南下します。産卵期は4
 〜9月と、水域と個体によって大きく異なりまが、水温が上がり産卵期が近
 づくと故郷の岸辺に寄ってきます。成熟したオスの左の触腕は先の吸盤がな
 くなって交接腕になっています。この交接腕でメスに精子を渡します。

 産卵場所はホンダワラなど大型の海藻が繁る藻場です。これらの海藻や沈ん
 でいる木の枝に卵が5個ほど入った卵嚢(らんのう)と呼ばれる寒天質の鞘
 (さや)を産み付けます。これを繰り返して卵嚢は房状の固まりとなります。
 1尾のメスは数百の卵嚢を産みます。産卵数としてはかなり少数です。この
 ハンデを補うためか、およそ1ヶ月で孵化した子供はすでに親と同じ姿をし
 たミニチュア版で、胴長が7〜10mmもあるのです。

 子イカ達にとって、産まれた藻場は絶好の隠れ家であり、豊富なエサ場です。
 生後2ヶ月で10cm、4ヶ月で15〜20cmと驚くべき早さで成長して
 いきます。この成長力を支えるものは、桁違いの食欲と並はずれた狩猟能力
 です。

▽海中のハンター
 アオイリイカは2本の触腕を他の8本の腕と同じ長さにたたんで海中を泳ぎ
 回ります。優れた視力でエサを発見すると射程圏に捉えます。大きなヒレを
 操ることで静止も後退も自在なのです。次の瞬間、たたんでいた2本の触腕
 を伸ばし、その吸盤で獲物を捕まえ、他の8本の腕も総動員して身動きでき
 なくしてしまいます。百発百中です。そこに待ち構えているのは腕のつけ根
 、中心部にあるカラストンビと呼ばれる嘴(くちばし)のような鋭い顎板で
 す。獲物は瞬く間に食い千切られ飲み込まれてしまいます。
 アオリイカは様々な魚類、エビ類を捕食します。それも大物喰いで、子供の
 イカでも自分の1.5倍もある魚にも猛然と襲いかかります。

▽イカの天敵
 アオリイカに限らずイカ類は食物連鎖の中では上位にいますが、もちろんそ
 の上がいます。中でも天敵とされるのは鮪などの大型魚とイカを主食にする
 マッコウクジラなどの歯鯨類、同じ仲間とされるイルカや海獣類などです。
 これらが消費するイカの量は半端な数ではありません。一説によると、南氷
 洋で鯨などによって消費されているイカ類は、年間3500万トンに及ぶと推計
 されています。ここまで来ると人間にとって、由々しき食糧問題ですね。

▼旬と産地
 アオリイカも旬とされる時期は地域や紹介者によって様々です。産卵前の春、
 大型の獲れる夏、旨味の増す秋とも言われます。産卵期が長く、冬場には南
 下するとあって、ほぼ周年各地で漁獲されています。当市場では最も入荷量
 が多いのは5〜6月で、神奈川の他、大阪や三重、島根、福井、福岡、愛媛
 などから入荷します。そう言う意味でも当地の旬は初夏です(^^)。

▼名前の由来
 漢字名は障泥烏賊と書きます。障泥とは元々は泥よけの馬具のことで、毛布
 や皮などで造って鞍の間に差し込んで馬腹の両脇を覆いました。後には飾り
 として、天気の良い日にも用いるようになりました。ヒレがこのアオリの形
 に似ていることから障泥烏賊と名付けたという説があります。また、アオリ
 イカの泳ぐ様が、ヒレを煽るように使っていることに由来するという説もあ
 ります。

 別名には、やはりヒレの形が芭蕉の葉に似ていることからバショウイカ。産
 卵のために藻場にやって来ることからモイカ。泳いでいる姿が透明なことか
 らミズイカなどがあります。

▼イカ墨がセピア色?
 イカ墨と言えばもちろんイカにとっては重要な護身術です。タコ墨はもうも
 うと広がる煙幕になりますが、イカ墨は粘り気があるため、あまり拡散せず
 に固まりとなって敵の目を欺きます。このイカ墨はご存じの通りポテトチッ
 プスとかクッキー、パン、スパゲッティ等々に幅広く利用されています。見
 た目は決して良くないのですが、旨い、体に良いというのがブームとなった
 理由です。このブームよりはるか昔、ヨーロッパではイカ墨を使ってあるも
 のが発明されました。それは水彩絵の具の一色、セピア色です。セピアとは
 ギリシャ語で「イカ墨」のことだそうです。また、これを後に万年筆用のイ
 ンクとして開発したのは日本人で、1936年には製法特許も取りました。
 もっとも、このセピア色に使われたイカ墨は、墨の量が少ないアオリイカで
 はなく、量の多いコウイカ(別名スミイカ)だったそうです(^^)。

▼目利きのポイント・・・「イカの提灯(ちょうちん)」!?
 「イカの提灯」って見たことがありますか。イカは水揚げされて死んだ後、
 次第に透明感が失われて白っぽくなっていきます。しかし、細胞はしばらく
 は生きています。鮮度の良いイカの表皮には無数の小さな斑点が見られます。
 表皮に触れたり指ではじくと、斑点が見えなかった所にもフッと現れ、それ
 が明滅するのです。これを「イカの提灯」と言います。鮮度抜群の証拠なの
 です。時間の経過とともに色は白から赤褐色へと変わります。この色であれ
 ばまだ鮮度は「良」です。吸盤に触ると吸い付くもの、胴体に張りがあって
 目が窪んでいないものは新鮮です。
 また、現在では冷凍技術が目覚ましく進歩していますので、鮮度の良いイカ
 を急速冷凍したものであれば、刺身で十分に楽しめます。これを解凍したも
 のと生鮮品を食べ比べて見分けるのは、プロでも難しいほどです。

▼イカパワー全開! 誤解していませんか?健康食品です(^^)
 かつて、イカはコレステロールの固まりだから「有害」と言われていた時期
 がありました。もう一昔以上前のことでしょうか。コレステロールが多いと
 いうのは確かですが有害ではありません。それは、コレステロールを抑制し
 様々な薬効を持つタウリンをその倍以上持っているからです。問題はこの両
 者の比率だったのです。加えてイカのタンパク質は他の魚類と比較すると量
 は少ないですが非常に良質で、ミネラルや必須アミノ酸が豊富、しかも低脂
 肪とあって、ダイエット効果も見込める健康食品なのです。

▽噂のタウリンの効能は?
 タウリンの重要な働きとしては、血中のコレステロールや中性脂肪を減らす。
 血圧を正常に保つ。精神安定、脳卒中や糖尿病の予防に役立つなど素晴らし
 い効能を持っています。


      
 ■メールマガジン<お魚よもやま情報>2006年5月号