編集者ホームページへ

◆◇◆夏の天ぷら魚の話◆◇◆
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
天ぷらと言えばメゴチ、メゴチと言えば天ぷらと言うほど、関東では天ぷら種
としてポピュラーな存在です。そのため、小売店では姿のままのメゴチにはな
かなかお目にかかれません。ほとんどが天ぷら用として松葉おろしになってい
るからです。


▼メゴチってこんな魚です・・・
 メゴチというのは一般的に関東での呼び名で、標準和名はネズミゴチといい
 ます。ところがこの名は流通名としてはほとんど使われていません。関西で
 はガッチョ、瀬戸内ではテンコチなどが通称です。

 体長20cm弱の小さな魚です。コチ類のように上から押し潰したような平
 たい三角形の頭をして頬が左右に張り出し、その先端のエラ蓋にトゲを持っ
 ています。エラ孔は極端に小さく上向きです。眼は頭頂近くにあり、やや飛
 び出しています。また、小さな口は前下方向に突出しています。粘液で覆わ
 れた胴体は細長く体色は背中は褐色、腹側は白色でウロコがなく地味な色合
 いですが、大きく美しいヒレを持っています。

▼生態・・・
 ネズミゴチはスズキ目ネズッポ科に分類され、世界に18属130種、日本
 には35種が分布しています。近縁にはハタタテヌメリ、ヌメリゴチ、トビ
 ヌメリ、ヨメゴチ、ベニテグリなどがいますが、姿形がよく似ている上に、
 それぞれオス・メスで背ビレの模様が違うなどの性差があるため、正確に見
 分けることはかなり難しいです。当市場ではネズッポ科の仲間はすべてメゴ
 チと総称され流通しています。というよりも、区別する必要性を端から感じ
 ていないかのようです(^^ゞ。また、本家のコチ類はカサゴ目コチ科でネズ
 ッポ科とは縁遠いのですが、この仲間に標準和名メゴチがいますので余計紛
 らわしくなっています。一見姿は似ていますが、ネズミゴチはコチ類の子供
 ではありません(^^)。

 新潟県、宮城県以南から東シナ海・南シナ海の沿岸域の水深20m位までの
 浅い砂泥底が住みかで、胸ビレを使って海底を滑るように遊泳します。底生
 魚ですが下向きの小さな口が示す通り、エサは頭上ではなく海底にいます。
 貝類やゴカイ、ヨコエビなどの底性生物を吸い込むように捉えます。

 産卵期は春で、ペアになったオスとメスが海面近くまで上昇し産卵、放精し
 ます。受精卵は約20時間後に孵化します。仔魚は全長わずか1.2mm 位
 で、1ヶ月ほどの浮遊生活を経て約1cmに成長してから底性生活に入りま
 す。寿命は2〜3年と言われています。

▼立派な外道!
 メゴチの生息場所はキスと重なります。キスは人気の高い釣り魚です。臆病
 で俊敏で美しい姿のキス、釣りの難しさと掛かった時の引き味は釣りの醍醐
 味を堪能させてくれます。対してメゴチは、弱い当たりで無抵抗?おまけに
 釣り上げてみると頭でっかちの褐色不細工で、ヌルヌルに覆われている上に
 トゲまである。キス狙いの釣り師がメゴチを釣り上げた時の落胆の色!
 メゴチにすれば不幸にも釣り上げられてしまったのに、釣り師には酷い言わ
 れよう。「ヘボッ!」と怒りたいのはメゴチの方です(`_´) 。

 メゴチの真価を知っているベテラン釣り師にとっては立派な外道です。鮮度
 の良いものを刺身にすれば、生きたクルマエビを思わせるプリップリの歯ご
 たえと口中に広がるまろやかな甘味!キスの刺身のさわやかな旨味に勝ると
 も劣りません!どちらが釣れても大正解なのです。
 それにしても、メゴチの釣り味は「本当に面白くない!」そうです(^_^;。

▼名前の由来
 ネズミゴチの「コチ」はコチと姿が似ているためですが、この由来は神官が
 持つ<しゃく・こつ>に体形が似ていることから付いた、またはもっと単純
 に骨が硬いことからコツ(骨)、いずれもそれが<コチ>に変化したという
 ものです。ネズミはもちろん顔からの連想です。また、科名のネズッポです
 がこれは以前はノドクサリ科という名前でした。「喉腐」です。これは今で
 もネズッポ類の地方名として残っています。由来は死後の腐敗が早く刺激臭
 を放つものがあることからつきました。

 他にも地方名は数多くあります。ただ、どれもネズッポ類の総称として混同
 されているため、同じ名前でも地方によっては違う種を指す場合もあります。
 関西のガッチョとは餓鬼魚(ガチウオ)が訛ったと言われます。餓鬼とは亡
 者のことですが、姿が卑しいという意味のようです。他にもジンタ・メトジ
 ・メメダレゴチ・ヨドゴチ・ウシロデなどなど、名前だけ聞くと、食べる前
 に腰が引けてしまいそうなものばかりです。でも、このような呼び名は、食
 べないから付けた訳では勿論ありません。逆に、親しみの一つの表現でもあ
 るようです。

▼天ぷらの由来
 メゴチ料理の定番である天ぷらの歴史は安土桃山時代にさかのぼります。天
 ぷらの名の由来は諸説ありますが、宣教師等が伝えた南蛮料理の中に鳥獣の
 肉を食べないキリスト教の祭日テンポラ(イタリア語)があり、この時の魚
 料理が天ぷらだったと言います。または、調理という意味のテンペロ(ポル
 トガル語)に由来するという説などもあります。

▼目利きのポイント・・・
 丸のままのメゴチに出会った場合は、表面のヌメリが透明であること、体に
 張りがあること、臭いがきつくないことがポイントです。松葉下ろしになっ
 ている場合は、身に透明感があって弾力があるものは新鮮です。

▼エンジョイ・クッキング
 メゴチの天ぷらを自分で揚げたことがないという方、是非挑戦してみて下さ
 い。鮮度の良いメゴチ(下ろしてあるもので良いです。)を使い、表面の水
 気をよく取って、衣は身側は薄く、皮側はやや厚く付け、油の温度は180
 度、油に入れる時には皮を下にして鍋の縁を滑らせるように入れ、カラリと
 揚げることがコツです。姿のままのメゴチに出会えた時の参考に松葉下ろし
 の仕方を「資料館」に画像付きで掲載しましたのでご覧下さい。
 天ぷらの他には、釣り好きでないとなかなか手に入りませんが、刺身が最高
 です。他にも煮付け、塩焼き、酢の物、椀種等々、様々な料理で楽しめます。



      
 ■メールマガジン<お魚よもやま情報>2006年6月号