編集者ホームページへ

◆◇◆太陽と黒潮の申し子の話◆◇◆
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
以前は夏になると店頭でよく見かける魚だったのですが、最近は滅多に見かけ
ません。獲れなくなっているというより、獲らなくなっているようです。この
夏の「釣り情報」誌面にも、「相模湾にシイラの大群来襲」などと景気の良い
見出しが躍っているのですから。それは神奈川では惣菜魚としては何故か人気
薄で、魚河岸でも積極的に集荷しようとしないからです。なんてもったいない!
その魅力と美味しい食べ方を知って見直して欲しい魚、それがシイラです。

▼シイラってこんな魚です・・・
 かなりの大型魚ですので、その姿を小売店で目にする機会は調理場を覗かな
 い限りまずありません。普通は切り身、たまに刺身になって並んでいます。
 切り身にされた皮の色合いはブリ類を思わせます。

 頭が大きく、板状の薄く細長い体は尾に向かって狭くなっています。頭の上
 から尾ビレのつけ根まで続く長く大きな背ビレと深く切れ込む大きな尾ビレ
 を持つ、独特な姿をしています。背は青緑色、腹は金色をまぶしたような銀
 白色、体全体に藍色の小さな点が散りばめられています。その泳ぐ姿は息を
 呑むほど美しいといいます。シイラは大海原の表層を素早く遊泳するのに適
 した姿をしているのです。
 ところが残念ながら、死後の体色の変化は急速です。背は紺青色、腹は灰色
 が勝り、くすんだ色になってしまいます。

 また、シイラの大きな特徴は前頭部です。特にオスは成長するにつれて前頭
 部が異様に大きな角丸四角形になります。一方、メスは成長しても卵形です。
 このためオス・メスの区別は容易です。

▽太陽と黒潮の申し子
 シイラは世界の暖海に広く分布しています。沖合性の強い魚ですが、夏が近
 づくと黒潮に乗って日本の沿岸部にもやってきます。夏の陽射しを浴びて輝
 く巨体が大きくジャンプする様は、まさに、太陽と黒潮の申し子です。

▽ハワイ名物:マヒマヒのステーキ
 シイラは日本よりも外国で評価の高い魚です。トローリングが盛んな南太平
 洋や欧米では特にシイラの人気は高く、ゲームフィッシングとしてだけでは
 なく、その料理も珍重される高級魚です。クック諸島マオリ語でマヒマヒと
 呼ばれるシイラ、そのステーキは、ハワイで日本人ツアー客にも人気の料理
 です。ハワイに行って初めてシイラを食べて感動したという日本人が多いそ
 うです(^_^; 。

▼生態・・・大食漢で急成長&高い運動能力
 シイラはスズキ目シイラ科に分類され、仲間にはエビスシイラがいます。日
 本近海では春から夏に北上し、秋から冬に南下するという季節回遊をしてい
 ます。北限はおおむね三陸、山形あたりですが、海水温が高いともっと北上
 します。産卵期は春から夏で、1度に8〜100万個の分離浮性卵を産卵し、
 それを2〜3回繰り返します。受精卵の直径は1.5mm ほどで60時間く
 らいで孵化します。仔魚は5mm弱、海面や流れ藻の下を浮游しながら動物
 プランクトンを食べて成長します。5cm位になると遊泳力も備わり、流れ
 藻に集まる他の魚の仔稚魚を食べるようになります。そして、15〜20c
 mになると流れ藻を離れ、数百尾の群れを作って集団生活を始めます。

 満1歳で38cm、2歳で70cm、3歳で90cm、4歳で108cm、
 5歳で120cmに成長し、2歳の終わりには成熟します。最大で2mを超
 えます。また、成長につれて次第に群れの数が減り、3歳を過ぎると単独か
 雌雄で生活をします。成魚の食欲は並はずれています。昼行性で餌は表層の
 カタクチイワシ、トビウオ、マイワシ、イカ類、カワハギ、マアジなど何で
 も食べる大食漢です。この旺盛な食欲が急速な成長力と、時速60kmにも
 達するという遊泳力や跳躍力、万力(まんりき)という別名を持つほどの力
 強さなど、高い運動能力を支えているのです。

▽漂流物に集まります
 仔稚魚期に流れ藻に集まる習性を持つ魚は多いですが、シイラは成魚になっ
 てもその習性を忘れません。回遊する際に、流れ藻や流木などの漂流物に集
 まるのです。この理由は諸説ありますが、シイラの居場所を敵!に知らせて
 しまう目印にもなっています(O.O;)。

▼漁法・・・シイラ漬け
 シイラが最も好む海水温は25度位です。この海域が好漁場となり、6〜9
 月が盛漁期です。漁法は定置網や巻網、マグロ延縄、表層曳き網、そして、
 シイラ漬けと呼ばれる古くからの漁法も有名です。これは流れ藻に集まるシ
 イラの習性を利用したもので、8mくらいの孟宗竹をたばねて組んだイカダ
 (漬木)をつなぎ沖合に浮かべ、これに集まるシイラを巻き網で漁獲すると
 いうものです。近年シイラの水揚げが多いのは、宮崎・長崎・鹿児島など九
 州各県や宮城、高知県などです。

 シイラは夏のルアーフィッシングの主役です。ハリ掛かりした時の猛烈な引
 き、そのハリから逃れようと必死に走り回りジャンプを繰り返す迫力と魚体
 の美しさは、釣り人を魅了して止みません。

▼名前の由来・・・縁起が悪そうで、実は良い魚です
 シイラの由来は「秕(しいな・しいなし・しいら)」です。これは殻ばかり
 で実のない籾(もみ)のことです。シイラも体は大きいが身が薄く食べると
 ころが少ないから、ということです。また、シイラにとって水先案内となる
 漂流物は何でも構わないようで、時にはそれが動物の死骸であったりします。
 このことから、死人食(しびとくらい)などというとんでもない地方名さえ
 あります。他には若魚時代に群れで遊泳する様から、万匹(まんびき)や十
 百(とうひゃく)、そして、シイラという名は縁起が悪いからと、万作(ま
 んさく)や金山(かなやま)という名で呼ぶ地方もあります。
 「今日の晩飯は何だい?」と聞いて「死人食だよ、お前さん」と答えられた
 ら・・・食欲なくしますよね。誰でも(..;)。

 太陽と黒潮の申し子シイラはダイナミックで明るい魚です。また、夫婦仲の
 良い魚と言われます。それは、オスが釣り上げられると、メスはその船の後
 をどこまでも追いかけていくといった逸話が伝えられているからです。高知
 県では夫婦和合の象徴として、シイラの塩干物が結納に使われることがある
 そうです。

 英名は、dolphinfishとdorado。ドルフィンフィシュは、
 イルカのように素早く動き回ることから。また、ドラドはスペイン語の黄金
 (エルドラド:黄金郷)からの命名です。中国では鰍、日本ではこの字はカ
 ジカですが。
 というわけで、シイラはとても縁起の良い魚なのです(^-^)。

▼目利きのポイント・・・
 切り身の場合は、皮目の色合いが明瞭で濃いこと、血合いが鮮紅色であるこ
 と、身に透明感があることがポイントです。

▼エンジョイ・クッキング
 鮮度の良いシイラが手に入れば、もちろん刺身でどうぞ。定番は照り焼きや
 塩焼き、ムニエル、バター焼き、フライなど揚げ物にも向いています。リー
 ズナブルな惣菜魚です。是非いろいろ試してみて下さい。
 ワインを振ってマヒマヒのステーキにすれば、常夏のリゾート気分です。
      
 ■メールマガジン<お魚よもやま情報>2006年8月号